新潟市でフリースクールならP&Tへ

わが子のパニック、注意欠落症でお困りの方

作:美琴

 

わが子のパニック、注意欠陥症状などでお困りの方へ

最近は子供にパニックや多動、衝動、注意欠陥症状があるとすぐに薬を飲ませてしまっていますが、P&Tでは薬に頼らない方法でそういった症状の軽減をはかっています。

方法その① 体を思い切り動かす

体を思い切り動かす事で落ち着きます。特に低年齢の子供ほど顕著で多動だった子供が毎日たっぷりの運動だけで落ち着いて集中し勉強や色んな取組ができるようになりました。

方法その② 気持ちを吐き出し心をすっきりさせる


気持ちを言葉にする、感情のつまりを発散させる、など感情や気持ちをとことん出し切ることでパニックや衝動が軽減されます。

方法その③ 自己肯定感を高める

自分に自信を持つと落ち着いたり集中力が増すようです。



 

| トップページ | P&Tができるまで | フリースクールP&Tって |
| クラス紹介・学費について | ご紹介いただいた生徒さんの声 | 多動やパニック障害でお悩みの方へ |